スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | -
    entry_bottom
    久々ホームパーティ
    0
      水曜日の夜、久々におうちパーティをしました。

      阪急百貨店のフランスフェアで美味しいパテやベーコン、スモークタン、オリーブのディップなどなど買い込んだので、それをメインにしたこってりパーティです。

      最初話していたお友達が急用でキャンセルになったりして直前にメンバー交代などありましたが(;^_^A なんとかできてよかった。

      ご機嫌で酔っ払ってて、写真ほとんど撮ってないのでコレだけ。



      トマトとチーズのミートドリアです。
      ドリア、かれこれ7年ぶりくらいに作りました。

      参加したお友達が持ってきてくれた、メツゲライクスダのパテドカンパーニュ。
      サイコロ切りにして、ニンニク、玉ねぎ、シメジと一緒に炒めてトマトソースとコンソメで味付け。

      久しぶりなので腕落ちてないか心配してたけど、材料のパテが美味しいおかげでうまいことできました♪
      もうちょっとチーズに焦げ目つけたかったなぁ。

      あとは…
      *バケットの盛り合わせ。
      *スモークタン、パテ、ローストポークなどの冷製お肉の皿。
      *スモークサーモン、鯖スモークなどの冷製お魚のお皿。
      (このへん、燻製作りにはまってる母の自家製です。)
      *メツゲライクスダのベーコンを使ったポトフ。
      (あったかい汁物は必須!)
      *タラモサラダ。
      (簡単だし色が可愛いし、好き。)
      *アボカドと卵黄のチーズ焼き。
      *菜の花とアサリとズッキーニのペペロンチーノ。
      (カロリー気にせずオリーブオイルもっと入れたほうが美味しかったかも)
      *締めはお友達差し入れのケーキ。

      フランスフェアで買ってきた、ブラックオリーブのペースト、きゅうりとディル入りマスタード、黒トリュフとアンティチョークのディップなどなど、パンやスモーク類につけても美味しかったし、ポトフに落として溶いても美味しかったです。いい買い物した♪

      ほんと久しぶりに手間かかるご飯を複数品作りました。
      普段も割とゴハンは丁寧に作ってるつもりですが、ワンプレートでどれだけバランス良く品数取れるか、お鍋一個でどこまで作れるか、という方向に頭使ってるので、順番とかタイミングとか品同士の相性とか、そっち方向の頭使うのも、たまには良いですね。

      明日から、ボチボチ仕事が始まります。
      年明けから仕事が忙しすぎたり仕事でモヤモヤすることが続いてて、部屋荒れまくってたのですが、ホームパーティのおかげで大掃除と片付けもできたし、きれいなお部屋で4月を迎えられそうで、よかったです♪
      おうちでたべる | comments(0) | - | - | -
      entry_bottom
      鯛とアサリ
      0
        9月は割と本気のダイエットをしていました。

        1日の食事量、基礎代謝量ギリギリまで落として、炭水化物は昼のみ。
        あとは半身浴で代謝アップ。



        そんなわけで、今の私の強い味方は「鯛骨スープ」

        前にもここで書いたと思いますが、鯛の潮汁をアレンジしたもの。

        昆布ダシで鯛のアラを煮て、塩と日本酒で味付け、三つ葉を散らしたものですが。

        食べながら骨よけるの嫌!なので、作っている途中で、骨と身を分けてしまいます。
        出た骨はぶつ切りにして他の鍋で煮詰めて骨ダシを取って、もとの鍋に合わせて三つ葉加えて出来上がり。

        煮る前にウロコ取って、一旦煮て冷ましたら全部骨選り分けて、骨ぶつ切りにして、コトコト煮るので、めちゃくちゃ手間と時間がかかるのですが、コラーゲンたっぷりで、これ1杯でお腹がいっぱいになります。米要らない。

        骨ダシは別に無くても良いけど、勿体無いし、煮詰めると真っ白な濃厚ダシが取れるので、ついつい頑張っちゃう。

        なんだかんだとほぼ毎日炊いてるかも。

        毎日食べてたら、だんだん「スープだけでいいなぁ」と思い始め、先日は鯛の身は漉してスープだけにしてみました。

        で、残った具の部分。
        フライパンで炒って自家製ふりかけを作ってみました〜♪



        日本酒を掛けながら炒り煮にして、水分飛ばしていくと、ホロホロになるので、すりごまと醤油少々で味付け。
        前に祇園の三玄茶さんでいただいた鯛のふりかけを思い出して、見よう見まねで作ってみたんだけど、鯛の味がぎゅっと濃縮されていて、なかなか美味しいです。
        これはお昼のおむすび用。
        本当は、炊きたてゴハンで食べたいけど、ガマン。

        もう一つの強い味方が「冷凍アサリの剥き身」。
        鯛アラは骨選り分ける作業が大変なので、より気軽に食べられる脂少ないタンパク質…貝類!と。



        おすましにしたり、味噌汁にしたり、トマトとコンソメでブイヤベース風にしたり、重宝しています。

        近所の業務用スーパー行ったら1キロ単位でしか無くてですね…まだまだある。

        今日は仕事が休みだったので、昼は丁寧なゴハンを作ろう♪と、アサリと生姜の炊き込みごはんを作ってみました。

        千切りにした生姜と冷凍アサリ、ダシ昆布一切れ(粉末昆布ダシでもいいかな)、お酒と醤油入れて普通に炊くだけ。

        お茶碗によそうとついつい食べ過ぎてしまうので、一食分と決めた量(1/4合)でおむすびに。

        少し味が薄かったので、刻んだ三つ葉と鯛のふりかけを混ぜてみました。



        今日のランチプレート。色地味だけど。

        おかずは、小松菜のおひたし、長芋の梅味の漬物、水茄子の浅漬け。


        2週間目で、ウエストとアンダーバストが3センチほど縮み、3週間目で他人からも分かるようになってきて、会う人会う人「あれ?痩せたよね?」と言われるようになってきたので嬉しいです。

        食事量、ホント減ってきて、外食してもたくさん食べられないし、でもそれが苦痛というわけでもないし。
        時々無性に、揚げ物食べたくなりますが、いざ店頭で油の匂い嗅いだら、もういいや、となってきてるし。
        お酒も、週1で飲みに行くけど、以前の半分くらいの量で満足。
        なので自然な感じで過ごせているとと思います。


        今日で30日。
        いつもウエスト周りから減って、顔は最後なので、もうしばらく頑張ろうかなって思っています。







        おうちでたべる | comments(0) | - | - | -
        entry_bottom
        ヒキコモリ飯
        0
          今、仕事が半分休みで飛び飛びに出勤してますが、もう暑くて暑くて、仕事無い日はほぼ引きこもり状態。
          お出かけの予定は、日が暮れてからの時間しか入れてません。

          そんな、だんだん食糧の備蓄が無くなってきたある日のゴハン。

          あと1回分だけ残ってたパスタ。
          小分け冷凍しておいたホールトマト。
          野菜室の、大分小さくなったキャベツ。
          チルド室にあった鶏肉。
          この前ホームパーティーした時の残りの、なんだかゴージャスなチーズ。
          冷蔵庫の奥に残ってた塩漬けオリーブ。
          あと1回分だけ残ってたチューブのニンニクと鶏ガラスープの素(コンソメスープの素はあと1個だったので温存)。

          余計な油は取りたくないので、炒めないで少なめの水でスープパスタに。
          チーズは食べる直前に投入。


          おぉ…なんだかそれなりなパスタができました。おいし♪


          そしてある日の朝。
          今朝は〜たまごかけごはーん♪と生卵割ったら

          …凍ってましたorz

          前日、仕事帰りに買い物してきたのは良かったんだけど、冷蔵庫のスペースがなくて、ひとまずチルド室に入れたのを忘れてたのでした…やっちゃったー。

          せっかく残り少ないお米炊いたのに!(お盆の帰省時に実家からもらう予定)
          たまごかけごはん用にわざわざ麦飯にしたのに!
          炊きたてなのに!
          ガッカリです。

          凍った卵…あと4個もあり、食べれるものかなぁ…と恐る恐る、昼ごはんは茶碗蒸しにしてみましたが、味はまぁ変わらなかったけどモッソモソでした。あーあ。

          来週には実家に帰省するので、保存がきかない食材は買い足せない時期で。
          せっかく休みなので、手の込んだもの作りたいなぁという気持ちもあり、ジレンマな時期です。

          とか言いつつ、今日は、夏野菜食べたくなってキュウリとミョウガとオクラ買っちゃいましたが。
          帰る日までにバリバリ食べてしまいます。
          おうちでたべる | comments(0) | - | - | -
          entry_bottom
          しろくろおやつ
          0
            image.jpeg
            丁度一週間前になりますが、中秋の名月。
            今年は良いお天気で、くっきりとした美しいお月様を愛でることが出来ました♪

            その日の夕食は、昨年も作った月見汁を。
            いつも作る豚汁に白玉団子を足しただけのものですが、ちょこっとでも季節感を意識した食事ができると、なんだか嬉しい。
            でも、豚肉&薄揚げ、ではなくて、鶏そぼろ&湯葉、なんかだったらもっと風流だったかな…まぁ平日夜に冷蔵庫にあるもので、と思ったら、これくらいできれば私の生活、上出来です。

            その後一週間、白玉がマイブーム状態で、今日はカンタンスイーツを。

            小さめに作った白玉、賽の目に切った黒胡麻豆腐を盛り付けるだけですが、お気に入りの蕎麦猪口に盛り付けたらイイ雰囲気♪
            白玉はamabroのCHOKU「青磁」に、同じシリーズの「鉄釉」には熱々プーアル茶を。

            青磁は内側に朱色で牡丹が、鉄釉は紫でアンティークローズが描かれていて、外が無地で使いやすいのに華やか。
            CHOKUシリーズの中でも特にお気に入り♪


            酸味と青みが欲しくて、「だいだいグリーンスライス」という、青い橙の皮のシロップ漬けを刻んで乗せて。
            黒胡麻豆腐についてくる甘い味噌だれに、橙のシロップを少し混ぜてかけてみました。

            白玉のもっちり感と、胡麻豆腐のねっとり感と香ばしさ、橙の酸味に味噌だれの甘じょっぱさ、いろんな味がするけどアッサリしてて、かなり好きな味です。

            胡麻豆腐、って、豆腐って言ってるから食事っぽいイメージだったけど、味はどっちかって言うとスイーツだと思うなぁ。
            ピーナッツ豆腐も最近はまってますが、私の中では扱いが完全に「おやつ」です。

            ホントカンタンにできるからストレスなくてイイし、器をちょっと気をつけるだけで見た目もきちんとして見えるし^_^

            今回はいただきものの橙シロップ漬けでしたが、柚子茶なんかも合いそうだし、バニラアイスなんか乗せても美味しそうです。
            おうちでたべる | comments(0) | - | - | -
            entry_bottom
            手羽の炊いたん
            0
              __.JPG
              週末、鶏の手羽先が安かったので、甘辛く炊いてみました。

              酒、砂糖、塩、醤油で煮るだけですが。

              先日の手巻き寿司パーティの時に、ジンジャーエール用にと仕込んだ生姜蜂蜜シロップがあったので、甘みはそれで。

              シロップ、新生姜を皮ごと薄切りにして蜂蜜入れて半日置くだけですが、1ヶ月もつし、炭酸で割ってジンジャーエールはもちろん、豚生姜焼きや、豚角煮、鰯の梅煮など、甘辛い和食の調味料にも使えて、今の季節のお楽しみ♪♪なのです。

              漬け込んであった生姜本体もドカドカ入れて。
              (シロップ使い終わったあとの生姜本体、千切りにして冷凍しとくと長く使えて便利♪)

              あと、北野天満宮骨董市のときに屋台で買ってきた「実山椒の炊いたん」も投入。

              お店の方に「これ大好物!だいすき!このお店見つけられて嬉しい!」って力説してたら、なんだかたくさんオマケしてくださって。
              帰宅して袋開けたら、本来の倍ほど入ってました。感謝!

              今回は実山椒にしたけど、八角入れても美味しいよね。

              煮込みはシャトルシェフさんにお任せしたので、ホロホロに仕上がりました。
              蜂蜜入れたから、イイ照り出た♪

              付け合わせは大根菜の梅酢和え、あと頂き物チャーハンで(白ご飯の小分け冷凍が無くなってた。これはこれで合いました)。

              煮汁がたくさん余ったので、今日は半熟玉子投入して、味付け玉子を作ろうかと。楽しみ♪

              おうちでたべる | comments(0) | - | - | -
              entry_bottom
              春のおうち飲み会
              0
                昨日は友達が来てのおうち飲み会でした♪

                一品+お酒各自持ち寄りなので、準備が簡単でありがたいです。
                (でも、全部自分で準備する会も好きですが)


                今回のお料理



                生食用の帆立、ワタ付きで安かったので、昆布締めにしてみました。
                そのままでも美味しいんだけど、ワタの部分はちょっと生臭いというか苦味があるので、生食だと好き嫌いが分かれそうかな。
                昆布で締めると、生臭さと水分が抜けて、もっちりネットリした食感です。

                貝類の昆布締め、簡単だしオススメ。
                彩りと箸休めにと、三つ葉のおひたしを添えてみました。

                奥は、蛍烏賊のボイルと菜の花のおひたし。
                おひたし、本当はきちんと出汁に漬け込みたかったのですが、時間が無かったので、粉末昆布ダシを揉みこんだお手軽バージョン。

                醤油さしを乗せているのは、古い九谷焼の杯台(はいだい)。
                昨年末、実家の蔵から出てきたものです。
                本来は、杯を置く台なのですが、醤油さしがぴったりだったので、使ってみました。
                2重の円状になっているので、中央にタレやディップ、外側の円に薬味を入れても良いかも。


                あとは、キュウリと大根と鶏の酒蒸しのサラダを。
                野菜類は千切りにして塩してからしぼって、鶏の酒蒸しは、鶏胸肉に塩とお酒をかけてレンジで5分、細かく割きます。
                今回は、少量のマヨネーズと、酸味を出すために梅酢を少々で和えました。
                ゴマダレやポン酢でも美味しいし、鶏肉じゃなくてツナや帆立缶、カニ缶も美味しい。
                10分あればできる簡単メニューですが、今回なんだか好評で作り方とか聞かれて返って恥ずかしかったです。

                持ち寄りパーティの時は、どうしても肉類と揚げ物類にメニューが偏るので、私はお野菜メニューと生ものメニュー出すように、一応気をつけてます。

                持ち寄りの数々〜♪



                豆腐のカツや、美味しいハム・ソーセージ類、つまめるお惣菜など、どれも美味しくて、メンバー6人でも余るんじゃないかとヒヤヒヤしていたんだけど、全部なくなりました。


                お酒も。



                日本酒3本と、赤ワインが2本。
                余るかなぁと思っていたけど…全部綺麗になくなりました。(この他にビールもありました)
                皆、月曜から強い強い(笑)
                とても美味しくて楽しかったです。
                 
                おうちでたべる | comments(0) | - | - | -
                entry_bottom
                春ポトフ♪春サラダ♪
                0

                  ようやく仕事が一段落したので、きちんとゴハンです♪
                  嬉しいなぁ。

                  140314_130431.jpg

                  で、なんだか具のごろっとしたスープが食べたくて、豚バラと、菜の花、新ジャガ、新玉葱…などなど春野菜で、春ポトフ作りました。
                  他には、シメジ、ディル、トマトが入ってます。

                  ポトフはたくさん作って、最初はトマト抜きで、後半はトマト缶を足してアレンジしていただいてます。

                  豚バラ、今回はブロックで買ってきましたが(本当は、週明けにある家飲み会用に豚角煮作る予定だったのですが…まぁいいや)、一口サイズに切って、先にさっと茹でて油抜きしてます。
                  バラは脂が結構重いので少しでも…と。
                  でも煮物はバラが美味しいのよね…。

                  菜の花は、トマトなしの方が、特有のほろ苦さがよくわかってイイかもです。
                  すぐ柔らかくなっちゃうから、食べる直前に入れてサッと火を通してます。
                  その方が色もきれい♪


                  それから、今日は、ホタルイカの春の和サラダ。
                  ボイルホタルイカに乱切りキュウリ、さっと茹でた三葉、叩いた梅肉、すりゴマ…で和風サラダです。

                  …あぁ、春だ♪と幸せ〜になってます。

                  山菜とか山ほど食べたいな。
                  コゴミのゴマ和えとか、ゼンマイ昆布〆とか、フキやフキノトウも好き。…あとは筍!
                  筍が安くなったら筍ゴハン炊こうっと。


                   
                  おうちでたべる | comments(0) | - | - | -
                  entry_bottom
                  シャトルシェフその後
                  0
                    140117_084614.jpg
                    なんだかんだと毎日お世話になってます、シャトルシェフ。


                    トータルの時間と手間は、普通のお鍋と変わりませんが、「コンロが1つ空く」「ガス代節約」、なにより「目が離せる、留守や夜間に調理ができる」というのが、とってもありがたくて!

                    朝ごはん作るついでに、ささっと仕込んで出勤すれば、帰宅してすぐに温かくてきちんと煮込まれたスープや煮物が食べられる、って、本当に嬉しいです。


                    写真は、牛スジ肉と大根と蕪菜のスープ。

                    牛スジと昆布を一昼夜煮込んでから、昆布を出して、一晩冷やして脂を抜いて、それから大根を足して一晩煮込みました。

                    牛スジは柔らかくなるまで時間がかかるので、朝仕込み→夜食べる、は難しいですが、でも手間と時間かけただけ美味しくなるものだから、つい頑張っちゃう。

                    蕪菜は食べる直前に足してシャキッと。


                    最初は「肉の固い部位が柔らかくなる」のが魅力的、と思っていたのですが、「根菜類を長く煮込んでも煮崩れない」っていうのもスゴい!と発見。

                    大根、隠し包丁も面取りもしてないのに、角がシャキッとしたまま芯まで味が染み込んでて、もうもう!感動しまくってます。

                    スープも透明でスッキリ仕上がるし、早く買えば良かったなぁ。


                    次は「鯛の骨ダシは上手く取れるのか?」が気になるところ。
                    理屈からいけば上手くいくはずなんだけど。
                    春になって、鯛のアラが安くなったら試してみようかな。

                    あとは、オイルサーディンや砂肝のコンフィなど、オリーブオイルで長々じっくり煮るメニュー。
                    母が得意で、時々送ってもらうんだけど、自分でも作れるようになりたいので、時間ある時にまた試してみます。

                    おうちでたべる | comments(0) | - | - | -
                    entry_bottom
                    杏色のシャトルシェフ
                    0
                      140113_195119.jpg
                      年末に母から、誕生日プレゼントにと、念願のシャトルシェフを貰いました。

                      ウチのゴハンはスープや煮込み料理が多いのですが、普通のお鍋しか持ってなくて。

                      それでも普通に作れるし、私は特に苦ではないのですが、…冬はガス代が跳ね上がります(苦笑)

                      そんなわけで、シャトルシェフ!
                      考えてみたら…、炊飯器とオーブンレンジ(18年前、一人暮らし時に親に買ってもらった。未だ現役)、ミキサー(14年前に友人結婚式の引き出物で貰った。こちらも現役)以来の、「なんだかちょっと便利機能付き調理器」!
                      …本当にアナログな生活だなぁ。そして物持ち良すぎ。

                      あ、ハンドミキサーは持ってた。
                      最近お菓子作らないから仕舞いっぱなしですが。

                      あと、電気ポットは、一人暮らし始めてしばらくして、当時付き合っていた人が、あまりの”構わなさ”を見かねたのか、ある日黙って買ってきた、という事があって、前の家では使っていたけど、結局「使う分だけ、その都度ヤカンで沸かしたらいいんじゃないの?」と思ってしまい、今はないです。場所取るし。
                      フードミルも、母が実家のをくれそうな雰囲気ですが、うーん、あったらあったで便利だけど、そんなに要るのかなぁ。
                      無かったら無かったで、なんとかなるし。

                      お料理は大好きだけど、いろんな機能付きの道具はもてあましてしまって、どうも苦手です。

                      で、シャトルシェフ。
                      箱を開けてみたら、サーモスの!
                      カラーが「アプリコット」だそうで、かわいいぃ♪
                      サイズも小さくて、ウチには丁度良いです。

                      今日は牛スジ肉を、玉葱とニンニク、コンソメスープで煮込んでいます。

                      ここまでしておけば、後から別鍋で、ジャガイモ、キノコ類やキャベツ足してポトフもいいし、トマトピュレ足してトマトスープにしてもいいし、ゴハン入れたらリゾットになるし、余ったらカレールー入れたらカレーになる!

                      要はお肉がトロトロになるのが楽しみで楽しみで!
                      いつもは3〜5時間くらい気長にコトコトしているので、一日家にいる休みの日にしか作れません。
                      これなら、夜仕込んで、寝てる間に煮込める!

                      牛スジ、上手くいったら、次は豚の角煮を作りたいです♪

                      おうちでたべる | comments(0) | - | - | -
                      entry_bottom
                      ウルトラ生姜
                      0
                        131124_204453.jpg
                        先週、風邪をひいてしまいました。
                        熱はないのですが、咳と鼻水がひどくて、うっかり笑うと派手に咳き込む、という。

                        金曜の帰りにゲホゴホしつつ、「薬飲んで、半身浴と湯タンポと発酵系のお茶で体を温めるよう気を付けてるんですけど、なかなか芯までは温まらない感じで」と話してたら、上司が「ウルトラ生姜」の作り方を教えてくださいまして。

                        早速今日、作ってみました。

                        教えていただいた方法は

                        1)生姜を繊維に沿って皮つきのまま1〜2mmの薄さに切る

                        2)30分蒸す

                        3)天日干しなら丸1日、室内なら1週間程度干す。

                        4)密閉容器に入れて常温で3ヵ月保存可能。

                        ※冷やすと、干したことで増えた体を温める物質(ショウガオールだったかな)が元に戻ってしまうので、冷蔵庫保存は×

                        と。


                        さて、我が家には蒸し器がありません。

                        いつもは、蓋付き鍋に、浅いザル(味噌汁のお味噌溶く用の持ち手付きのですが、もっぱらザル扱い。めちゃ便利)を引っかけて、蓋に布巾を噛ませて蒸してます。

                        少量の蒸し野菜などは、これで十分事足りますが、一気にたくさんは蒸せません。
                        ザル=カーブしてるから、底がある容器も×。
                        昔、ウサギ型カスタード饅頭を手作りして、無理に並べたら、中心に寄ってしまって全部くっついてしまったことがあります…。グロかった…。

                        この前、幼馴染みから誕生日プレゼントのリクエストを聞かれて「蒸し器!」と冗談で言っていたのですが(その時は、「餅つきの時の、蒸籠で蒸した餅米が食べたい!味付けは塩だけで!あれはネ申!」と騒いでたのです)…冗談じゃなくなってきたなぁ。


                        まぁ、ないものは仕方ないので、少量ずつ地道に蒸します。
                        ザルにキッチンペーパー敷いて、重ならないように生姜スライス並べて。

                        蒸していくと香りが甘くなる、とのことでしたが、生憎鼻づまり中、よくわかんない。
                        でも、なんだろう、さつまいもみたいな匂いに変わったような。


                        蒸し上がったら、丁寧に広げて天日干し。

                        街の真ん中に住んでいると、埃や排気ガスが気になって、なかなか天日干しができません。
                        雀やカラスも気になるから目が離せないし。

                        今日は一日良いお天気だし、風もあまりないし、家に一日いるから見張れるし、とベランダ天日干しを試してみたのですが。

                        すぐに、こんなん1日で乾くわけがない!!と気づきまして。
                        寒いからかな…絶対無理。

                        というわけで、ネット検索。

                        テレビで紹介された当初は「電子レンジ乾燥」というのもあって、体を温める物質が一番多くなる、らしかったのですが、発火の報告が複数あったそうで、今では「禁断の方法」扱い。

                        でもレシピブログとか見てたら、「自己責任で!」とレンジ乾燥やってる方もいるなぁ、というわけで、私も電子レンジで。
                        (面白いので、浴室乾燥を使ってる方がいらっしゃいました。いいなぁ)


                        お皿にキッチンペーパーを敷き、蒸したスライスを並べて、弱モードで気長に加熱。

                        5分加熱→ひっくり返して→様子見て1〜3分ずつ加熱、を繰り返します。

                        お皿のサイズの都合上、一気にたくさんはできなくて、一度に干せるのは蒸した分の半分くらい。
                        蒸し器が小さくてむしろよかった。
                        弱モードで大体15分かかるので、次のが蒸せる30分の間に2皿干せます。
                        ちょうど良いサイクル。

                        酷使しすぎて、18年使ってるオーブンレンジ様がなんだか不穏な音を立ててましたが…怖いわ。

                        レンジだけでカリッカリ…とはいかないので(そこまでやったら焦げそう)、キッチンペーパー敷いたお盆に広げて、日光とエアコンの風邪が当たる窓際で、室内天日干し仕上げ。

                        スペースの関係上、乾いたものからサクサク収穫していきましたが、厚く切っちゃってレンジだけではグンニャリした感触だったものも、大体4時間くらいで乾きました。


                        出来上がったのが写真のもの。
                        握りこぶしくらいの塊の生姜を3つ刻んだのですが、直径9cm×高さ9cm(蓋含まず)の瓶に全部おさまりました。
                        …ものすごい縮みようです。

                        沢山できたら友達にもお裾分けしよう♪って思ってたんだけど、無理かな…。


                        そして、なかなかな「漢方薬」的ルックス。
                        上司も「漢方なんだよ」って教えてくれてて、へー、となんともなしに聞いてたんだけど………確かに、こんなの路地裏の小さな漢方薬局の棚にある!ありそう!


                        晩御飯、豚肉と長葱、白菜、茸を塩と昆布だしで煮たスープで、スープご飯にしましたが、早速細かく刻んで投入。
                        ピリッと辛いけど食べづらいほどでもなくて、いい感じ。

                        生の生姜ほど「ポカポカ!キタ!」って実感はないです。
                        (生の生姜は体の中心や内臓を冷やして、体の末端に熱が行くそうです。だからポカポカが分かりやすいみたい。乾燥生姜は反対で内臓を温めるそうです)

                        私、体の芯が冷えやすい体質みたいで、冷えると体調崩すということが多いので、しばらく続けてみようと思います。

                        しかし…もうしばらく作りたくないなぁ。
                        半日キッチンに縛り付けられちゃった。


                        おうちでたべる | comments(0) | - | - | -
                        entry_bottom
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << October 2017 >>
                        PR
                        recent_entry
                        archives
                        RECENT COMMENT
                        RECENT TRACKBACK
                        RECOMMEND
                        LINK
                        PROFILE
                        MOBILE
                        qrcode
                        search