スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | -
    entry_bottom
    半幅帯、仕立てました。
    0
      6年ほど前から着物を着る機会があり、4年ほど前から自分で着るようになりました。
      ここ2年ほどタイミングが合わずサボり気味だったのですが、昨年の秋頃から着物熱復活。

      で、以前は名古屋帯でお太鼓がメインだったのですが、当時から名古屋帯しんどいなー、と思ってたこともあり、最近はめっきり半幅帯です。

      でも!半幅帯!可愛いの少ない!
      手持ちの半幅帯は、
      1,高校時代に母から譲ってもらった絹の赤い縞のオーソドックスなもの→ものはいいんだけど、古いので短いのと、色が可愛すぎる。
      2,四年前にアンティークで安く買った、渋めの橙に赤い小花模様が連続で入ったもの→程よく可愛くてお気に入りなんだけど、短いし、こればっかりもなぁ、と。

      秋頃から、着物市や骨董市で少しずつ買い足してますが、半幅帯って縞や格子が多くて。それもまぁ可愛いんだけど、なーんかワンパターンだなぁ、と思いまして。

      いろいろ調べて、自分で仕立ててみることにしました。

      で、生地。
      今風のコットンで作ってらっしゃる方が多いようで、それも可愛いんだけど、自分のテイストには合わない気がする、と悶々としていた年末。
      友人とエスニックなカフェでお茶してた時に、壁に飾られたラリーキルトを見て、あぁこんな布で帯作りたいなぁ…作っちゃおう!と思い立ち、生地探し開始。

      いろいろ考えた末、元々1番好きなインドのザリ刺繍の古布で作ることにしました。
      ザリ刺繍は、インドのお祝いの時に着る、コード刺繍やビーズ刺繍がいっぱい入った布です。
      端切れをパッチワークして、クッションカバーやオットマンとしてリサイクルされているのを時々見かけます。
      ウチにも白系スツールとグリーン系マルチクロスがあります。
      刺繍の細かさと、端切れを集めてザクザク繋いだ大らかさ、多彩な柄と色なのに、なんとなくまとまっている不思議なバランスが大好きです。



      image.jpeg
      いろいろと探して、ネットショップで白系のタペストリーを購入。
      180×110とかなり大きく、最初は帯幅に真っ直ぐ切って一箇所繋いだらイイや〜、と簡単に考えていたのですが、いざ届いて見たら、ひとつひとつの布があまりにも美しく、ジョキジョキとハサミ入れるのためらってしまいまして。

      結局、ほぼ全部解体しました。
      端切れを縫って繋いでいるのかと思ってたのですが、大きなコットンに、糊で端切れを貼り付け、繋ぎ目の上から糸束を縫い付けて繋ぎ目を隠すという作り方でした。
      裏の布、白やら黒やら赤やら…すっごい適当。

      まずは糸束を外し、継ぎ目に沿ってハサミを入れて解体。




      image.jpeg
      帯の幅に、好みの場所に柄が出るよう計算しながら並べ替え組み直し。
      ピースをミシンで縫い合わせ直して、再度糸束を縫い付けて。

      裏地は当初、薄手のデニムをイメージしてたのですが、裏は着物に擦れる場所だし、色移りしたら嫌だなぁ、と、シャンタン地を購入。
      紺色が良かったのですが、お店には無く、1番イメージに近そうな濃い青を選んだのですが、家で見たら思った以上に「青色です!」というような、はっきりした真っ青!
      あぁこれはあかん、と断念して、手持ちの端切れから、濃い赤の着物地(多分絹)に変更。
      長さが足りなかったり虫食いの部分には別の布(朱色に白黒の格子の絣、端だけ紺の紬地)を足しました。



      image.jpeg
      (画像奥の青い布が、ボツになったシャンタンです(-_-))

      幅は15cm、長さは3.6mほど。
      手持ちの正絹の半幅帯を参考に長さを決めたのですが、絹より厚みあるし、結んだら思った以上に短くなるんじゃないかな?と思い、裏表を縫い合わせる直前に20cmほど追加。
      裏地に接着芯を貼り、中表に縫って裏返し、返し口を閉じて、アイロンをかけたら出来上がり。
      縫う作業だけなら2時間弱でできるはずが、表のザリ部分の細工に一週間かかりました。
      生地の組み合わせにこだわったので、タペストリーの2/3くらいを消費。
      真っ直ぐジョキジョキ切ってたら、2本取れたとは思うんですけどね。模様の位置、重要。譲れません。



      image.jpeg
      そんなこんなで!めっちゃ頑張ったかいがあって、ものすごく自分好みの帯が出来上がりました〜♪

      白系のタペストリーとのことでしたが、地色が白系でも、柄はいろんな色があるので、半分は淡い色、半分はカラフルではっきりした色合いの布、と分けています。
      帯締める向きを買えたら印象が変わるはず。
      ビーズやスパンコール、金糸銀糸が入っているので、格の高い着物でも合わせられそうです。
      表が、割と厚手のコットンがベースなので、全部絹の帯よりも締めにくいですが、まぁなんとかなりそう。

      裏地がはみ出して見えてる部分とか、あんまり真っ直ぐではない部分とか、アラはありますが、初めてにしては、そして特殊な布を使った割には上手く出来たのでは?とひとまず大満足です。

      インドで、お祝いに着るために作られた布が、インテリア用に生まれ変わって、更に日本の衣装に生まれ変わって…自分でやっといて、なんだか不思議な感じです。

      白も素敵だけど、ピンク系やブルー系も可愛いなぁ、2本目で仕立てようかなぁと、作っている時は思ってたのですが…あまりに大変すぎてもう二度と作りたくないです。

      とはいえ、一枚ものの布だったら、また作ってみたいかな。構造と手順は簡単だし。
      次は、手持ちのモン族の古布で作ろうかと早くも目論んでいます。
      イロイロハンドメイド | comments(3) | - | - | -
      entry_bottom
      スポンサーサイト
      0
        - | - | - | - | -
        entry_bottom
        Comment
        とっても素敵ですね☆自分好みのが出来て、着物着るのが益々楽しくなっちゃいますね☆
        つき
        2015/01/27 12:32 PM
        >つき様

        こんにちは。コメントありがとうございます。
        洋服でも着物でもそうですが、なかなかピタリと来る物が少なく…特に半幅帯は欲しい物がなくて、だったら作るしかないなぁ、と。
        手間も時間も頭もかなり使った分、すごくお気に入りのものが出来て、自分でも嬉しいです♪
        まーしゃ
        2015/02/02 12:35 AM
        豆千代モダンさんの品物をお勧めしますよ〜(~o~)ご存知かもしれませんが、見てるとワクワクします☆
        つき
        2015/02/08 9:31 PM
        コメントする









        entry_bottom
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        PR
        recent_entry
        archives
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        RECOMMEND
        LINK
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        search