スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | -
    entry_bottom
    KUTANIシールワークショップ
    0
      ご無沙汰しておりました。
      年度始め、仕事がバッタバタで忙しいのに、インフルエンザにかかってしまい寝込んでました…。
      ようやく復活!
      寝込んだの4日ほどなのに、会う人会う人、二度見されるくらい痩せたそうで、それだけが収穫です^_^;

      さてさて、病み上がりの週末、友達とワークショップに行ってきました。

      中崎町のかなり梅田側の高架下にチェルシーマーケットという複合ショップがありますが、そちらで今「cocoacco」という期間限定ショップがオープン中で。
      五月半ばまでのショップですが、かなり好みのセレクト!
      毎週いろんなイベントやワークショップもしていて、職場のすぐ近所なので、ランチ休憩の時に覗いたりしてます。

      そちらでのワークショップの中に、KUTANIシールというものがありまして。
      九谷焼の顔料を使ったシールを無地の食器に貼って、オリジナルの九谷焼を作ろう、というワークショップです。

      金沢や東京中心で展開しているワークショップブランドだそうで、九谷焼きらしいモチーフのシールもあれば、可愛らしいものもあり。
      今回はイラストレーターさんとのコラボのガーリーなシールで、それがとても好みだったので、参加してみました。



      手塩皿サイズの花型皿と陶器のスプーンが土台です。

      下の黄色いシートがKUTANIシール。

      ハサミで切り取り、水に浸けると10秒〜1分くらいで台紙から外れるので、それをお皿に貼っていきます。

      水気をきちんと抜いて、しっかりこすって貼り付ける、の、ひたすら繰り返し。

      気泡や水が入らないようにすること、顔料同士が重ならないようにすること、気をつけるのはそれくらいで、一旦乾いても水をつければ剥がれて貼り直せるので、そんなに難しくはありません。

      シールを貼ったら、窯元に送って焼いてもらい、完成品は郵送で1ヶ月後に送られてくるというシステムです。

      ひとまず、気になるモチーフを切り出して仮置き。



      思ってたよりお皿が小さかった…。
      使わなかったモチーフは回収、半分ほどしか使えなかったです。
      気球とモモンガが使いたかったなぁ。

      時間は2時間。
      一応、時間が余れば、追加料金で追加製作オーケーとのことで、2枚作って対にするんだ!!と息巻いて行ったのですが、とてもとてもそんな時間はなく。
      スプーンは最後5分で慌てて貼りました。



      完成、表。

      アシンメトリーな感じにしたかったのです。
      最初の仮置きでは欲張って沢山貼るつもりでしたが、上に食べ物置いた時のバランスを考えたら、余白があった方がいいかな?と思い直し、下半分は白いまま残しました。

      なぜ、そんな時間がかかったかというと、フクロウがとまってる枝の流れに凝りすぎて、葉っぱをめちゃくちゃ細かく切って組み合わせたこと、繋ぎ目が目立たないよう「繋ぎ目の隙間は1mmまで!」を目指したことで、時間がかかりました…。
      でも満足の出来♪

      黄色い部分は焼くと消えるそうです。

      スプーンはセットっぽく、同じ蔓草のモチーフを柄の部分に貼りました。
      リボンは、他のどこにも使えなくて、でもどうしても使いたくて、必死で入れてみました。




      裏側。
      表の下に入れる予定だった白鳥を貼ってみました。
      イメージは「夜」で、表は「男の子」、裏は「女の子」です。
      月や星、薔薇などは裏表で共通のモチーフを入れて、対になるように意識してます。

      高台の真ん中、martha って文字入れたかったんだけど、時間切れ。残念。

      あと、フクロウを見ながらお皿持ち上げたら側面に白鳥が現れる、ってしたかったので、そのように貼ったら、裏と表で上下逆になっちゃいました。
      でも、どうしてもそうしたかったので、まぁいいや。

      他のものを作る時もいつもそうなのですが、例えば、シンメトリーに連続模様で作るとか、可愛い柄を好きに並べるとか、そういう作り方がどうにも出来なくて、モチーフの意味を繋げて「物語」的に作ってしまうので、どうしても時間がかかってしまいます。
      連続模様とかも好きなんだけどなぁ。自分で作るのは、どうしても無理。

      一応、見本の柄を先に見て、なんとなくイメージを固めてから行ったので、2時間でもなんとか仕上げられたのかも。

      他の参加者さんの作品、ゆっくり見る時間が無くて、そこが残念。
      チラ見するくらいでしたが、それぞれ面白い貼り方してらして、めちゃ刺激的でした。

      焼き上がりは1ヶ月後、どんな風に仕上がるか楽しみです。

      金沢に直営店があって、そちらでは定期的にワークショップをしているようで。
      実家が北陸なので、帰省した時に遊びに行ってみようかなぁ、次はふざけたやつが作りたいなぁ、と計画中です。
      カワイイモノタチ | comments(0) | - | - | -
      entry_bottom
      スポンサーサイト
      0
        - | - | - | - | -
        entry_bottom
        Comment
        コメントする









        entry_bottom
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        recent_entry
        archives
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        RECOMMEND
        LINK
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        search