スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | -
    entry_bottom
    すみれfairありがとうございました。
    0
      中崎町のギャラリー&ショップ「乙女屋」さんでの「すみれfair」、2/29に終了しました。

      たくさんの方にお買い上げいただき、本当にありがとうございました。

      ヴィオラの刺繍ヘアピンとイヤリングは引き続き、中崎町のリラセイズさんで取り扱っていただいています。

      もし興味のある方がいらしたら、是非覗いてみてください。


      乙女屋さんは毎月、季節に合わせたfairをされていて、3月の「イースターfair」と4月〜5月の「スズランfair」も声をかけていただいてます。

      スズランfairはまた刺繍がメインかな。

      イースターは、卵型おきあがりこぼしと、オーブン陶土のアクセを作る予定。



      今頑張って焼いております。
      こうやって見ると、クッキーみたい。


      うさぎさんは、オーブン陶土で初めて作った作品。



      足が揺れて、私が歩くとうさぎもガンガン全速力で走ります。
      ものすごいお気に入り。

      今回、新しく彫って、シリコン型を作ったので、量産できるようになりました♪ 嬉しいな♪

      鳥の巣の方も彩色してからもう少し手を加えます。
      こちらは今回初挑戦。
      まだ試行錯誤中なのでどうなることやら。


      イースターfairは3/18からだそうです。
      今年の年度末は本業のお仕事の方もバタバタで…間に合うかなぁ…。
      頑張ります。
      イロイロツレヅレ | comments(0) | - | - | -
      entry_bottom
      夜長堂のコドモノクニハンカチ
      0
        前々から大好きな「夜長堂」さん。
        いろんなお店でハンカチや紙モノ見かけますが、一度、天満橋のお店に行ってみたくて。
        週末の午後だけ開店なので、なかなか予定が合わなかったのですが、先日インスタグラムで紹介されてたハンカチが可愛すぎて!即日買いに走ってしまいました。



        昔の子ども雑誌「コドモノクニ」の作品そのままをプリントしたガーゼハンカチです。

        鳥の女の子が可愛い…とは必ずしも言い切れない感じが…なかなか好きです。
        ハンカチなんだけど長方形なのが、また面白い。

        画像にチラッと写ってるのは、西條八十の「チヨコレートの唄」。武井武雄のイラストです。

        これも可愛くてまとめ買い。

        店頭販売分で販売終了、残り僅か、とのことでしたので、急いで行ってきてよかった。

        夜長堂さん、4月に改装して広くなって、その後は毎日開店するそうです。
        楽しみです♪

        カワイイモノタチ | comments(0) | - | - | -
        entry_bottom
        薔薇と菫のシガレットホルダー
        0
          先日、乙女屋さんのsalonの方で(乙女屋さんはsalonとshopの2部屋あります)めちゃ好みなアンティーク雑貨がたくさんありまして。

          あぁもう!お金ないのに欲しいものばかりで目移りするっ!とキャーキャー言ってたら。

          見つけてしまいました、ドツボなお品。



          シガレットホルダーです。
          両切りの煙草を差し込んで吸うためのもので、1960年代前くらいまではメジャーだったみたいですが、その後はフィルター付き煙草が主流になったので廃れた、とかなんとか。

          まぁ、フィルター付きでも差し込めます。長過ぎてややブサイクだけど。

          多分、象牙製だと思います。

          で、彫刻が…薔薇の花!
          もうたまりません。
          欠けなどもなく、象牙の変色も殆どなく、かなり良い状態。
          かなり良いお値段いたしましたが、これは逃したら後悔するパターンだわ、と即決。


          少し分かりにくいけど、裏側には菫の蕾が彫られています。
          これって菫!?と発見した時は本気で小躍りしました。

          どんな古いレアなものだろうとも、きちんと使わないと!って考え方の人間なので、もちろん使っております。
          ちょっと舌へのあたりが柔かいというか甘い気がする…。

          1枚目の画像のピンクのは、携帯用に作ったミニ巾着袋。
          ザリの古布端切れを使いました。

          2枚目の画像のビーズは、1920年代のミニポーチ。
          元々はパーティポーチだったみたいですが、シガレットポーチとして使っています(糸が劣化してそうだったので、ビーズの剥落防止にほぼ全て糸を通し直しています。ボタンのループも、使ってたらちぎれてきたので作り直しました。)
          ソフトボックスとライターとミントタブレットケース入れたら丁度ぴったり。

          なんて贅沢!とアンティークがわかる人たちには半分面白がられ半分呆れられ気味ですが。
          無駄な嗜好品こそ贅沢した方が、毎日が楽しいもーん、と思ってます。

          昔、祖父がパイプ型のシガレットホルダーを愛用していて、それはあまりそそられなかったんだけど、30過ぎたあたりから「キセルとかもかっこいいよねぇ」と思うようになり。

          でもアンティークのキセル…高いです。
          銀製で彫刻入りなんて絶対手が出ない…。
          そして、大体は龍の彫刻とかで、ワイルドというか、ややグロテスクな印象で。
          (根付とかと通じるものがあります…ちょいグロテスクで怖い、ての。あれはあれで面白いけど)

          今回、すごく好みのモチーフと材質のものを「これなら納得、むしろOK!」ってお値段で手に入れられたので、大満足です。

          でも象牙は変色しやすいので、大切に手入れして使わなきゃ。


          カワイイモノタチ | comments(2) | - | - | -
          entry_bottom
          すみれfair行ってきました。
          0
            19日(金)より、乙女屋さんで「すみれfair」が始まっております

            初日に遊びに行ってきました〜♪



            刺繍アクセ、可愛く飾っていただきました。



            他の作家さんの作品も可愛くて素敵なものばかりです。



            マト作品も1点出させていただきました。
            だいぶ前に書いたものですが、今回のテーマと乙女屋さんの雰囲気にピタリだったので(^-^)

            明日、四天王寺の骨董市の後、もう一度遊びに行こうと思ってます♪

            菫モチーフがお好きな方、ロマンティックなモチーフがお好きな方、ぜひ遊びに行ってみてください。
            イロイロハンドメイド | comments(0) | - | - | -
            entry_bottom
            すみれfair 参加のお知らせ
            0
              お久しぶりです。

              今日はイベント参加のお知らせです。

              大阪市北区にある、サロン&雑貨屋さんの乙女屋さんにて、2/19〜2/29に開催される「すみれfair」に参加させていただくことになりました。

              告知ブログはこちら→
              http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-20.html?sp

              ロマンティックなアンティーク雑貨やリボンやレースに満ち溢れた素敵なお店です。

              今回は店主さんからのリクエストもあり、刺繍モノがメインです。
              マトリョーシカも出せたらなぁと思ってたのですが…間に合わず。

              出品予定の品はこんな感じで。



              ヴィオラの刺繍ハンカチ。



              ヴィオラの刺繍ブローチ、スミレの刺繍のマルチクロス。




              ヴィオラの刺繍ブローチヘアピンたち。



              スミレの刺繍のミニバレッタ。



              ヴィオラの刺繍のイヤリング。


              ひとつひとつ、手刺繍で作っています。

              他にもいろいろな作家さんが参加されていたり、ワークショップも開催されるみたいですので、お近くの方で興味持たれた方がいらしたら、ぜひお立ち寄りください。

              地下鉄谷町線の中崎町駅と天神橋筋6丁目の間くらいにあるお店です。
              営業時間が13時〜17時と短めですが、ぜひぜひ。
              私も週末には行けたらいいなぁ。
              イロイロハンドメイド | comments(0) | - | - | -
              entry_bottom
              ケセランパサランしいくキット
              0
                明日から通常運転です。
                お正月、あっと言う間だったなぁ…。

                帰省の最大の楽しみは、甥っ子に会うこと。
                弟の子どもですが、ただいま小3。
                元旦生まれで今年9歳になりました。

                最初は、こいつが来るとパパとばーちゃんを取られる!的な敵意を剥き出しにされておりましたが、言葉が通じるようになった3歳くらいから急に仲良くしてくれるように。

                なんとも言えない不思議な世界の住人で、私はそういう彼の世界が大好きです。

                今回、誕生日に何ほしい?と聞いたら、空気読みまくって「図鑑」と言ってたのですが、結局欲しがったのがUMA(未確認生物)の図鑑。
                あー…小3男子、好物そう。ママは嫌がるだろうなぁ。

                いたくお気に入りのようで、常に持ち歩き、さらなる情報を求めて私のスマホの検索履歴をUMAの名前で埋め尽くし(ーー;)
                「〇〇 正体」と延々続くのです…でも、それに付随する真面目な情報(大気圏外て何?とか、〇〇海ってどのへん?とか)も知りたがるから、まぁ入り口がここでもいいんじゃないかと私は思うのです。聞いてて面白いし。

                で。
                「ケセランパサランだーっ(≧∇≦)」と、宙を舞っていた物体(多分布団の羽毛)2つをジップロックに入れて大切に持ち帰ったのですが。

                その3日後、電話がありまして。
                「おしろいはなかったからファンデ入れたら食べたんだよ!後から見たらファンデ無くなってたもん!」と大興奮で報告が。

                ケセランパサランを育てるには、餌になる白粉と、桐の箱が要るそうなのですが。
                「木の箱、家に無かったんだけど。紙の箱でもいける?」との質問が。
                ん〜まぁ、紙も元々木からできてるからね、似たようなものだしイケるはず!と一旦は答えときましたが。

                そういえば、使ってない木箱があったなぁと、押入れを発掘。
                一辺3センチくらいの木箱です。
                桐じゃないけど、まぁいいや。
                …桐の理由って、やっぱ通気性なんでしょうか。と余計なこと考えてしまう伯母の私。多分似た者同士です。

                あとからウチの母に聞いたら「家にあったデメルの木箱あげたけど。2つあってもいいんじゃない?」と。
                デメルの木箱…あげちゃったの!?
                (うちの母、デメルの箱コレクターです。孫可愛さには勝てなかったのか。)

                弟宅に直接送ったろ、と、ついでに、使わなくなって余らせていたフェイスパウダーをカッターで削って瓶詰めしました。



                丁度良い小瓶があってよかった。
                ファンデでもいいけど、ピンク色のケセランパサランになっちゃうからね。(と、これは弟談。「餌がファンデだとピンクになるけど…いいんやろか?」と。弟も割とファンタジーに付き合うのが上手。)
                この写真のあと、「ケセランパサランのゴハン 賞味期限:なし」と、シール作って貼りました。

                「あげすぎると、食べきれなくてのこしてしまうかもしれないので、少しずつあげてください」と但し書きも付けて。




                家にあったものでそれらしく包装も。

                明日、送ろうと思います。
                喜んでくれると嬉しいなぁ。


                こどものファンタジーには、全力で付き合って、全力で楽しませていただくのが、モットーです。

                その方が、大人になっても世界が楽しい、と思ってます。

                無理して合わせてる訳ではなくて、私も言いたいこと言って、相手もギャハーと笑ってるという状態なので、単に私が未だに子どもじみてるだけなのかもしれませんが、社会に属してきちんと働けてるんだから、他の部分は別にええやん、と思ってます。

                長い付き合いの友人には「子どもの世界を感じ取ることに関して天賦の才を持ってる」と言われたりしてて、仕事も幸い、それを活かせる職業なので、あぁよかった、と思いつつ。

                それでも、年齢を重ねることで見えてくるものもあれば、見えなくなるものもあって。
                なので、何かを得るというのは、何かを無くすことなんだな、とよく思います。

                手の内の総量は常に同じ。

                そうやっていつの間にか無くしてしまって、自力では昔のようにキラキラと見えなくなってしまってるものが、子どもといると、少し思い出せます。

                ほんとに、ありがたいです。



                イロイロツレヅレ | comments(0) | - | - | -
                entry_bottom
                勝手にコラボ刺繍ハンカチ
                0


                  あけましておめでとうございます。

                  昨年、特に後半は、スランプ続きでなかなか腰の重い状態が続いておりましたが、今年はもう少しエネルギッシュに、「作りたいものをのびやかに作る」一年にしたいと思っております。

                  のんびり更新ですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

                  インスタグラムは割と頻繁に更新していますので、よろしければそちらも覗いていただけると嬉しいです。
                  IDは、martha_in_sunnydays です。



                  写真は、実家のある富山県の立山連峰。
                  元旦に晴れることはめったにないのですが、今年はスッキリとした快晴で、立山連峰がクッキリと見えました。

                  元旦に目が覚めたら腰痛になっていた…という涙目のガチな寝正月だったので、昼間の写真はないのですが、夕方にはだいぶマシになったので、小3甥っ子と2人で散歩に出かけてパチリ。

                  甥っ子曰くの「3つの色の空」に真っ白な山が浮き上がって見えて、本当に美しかったです。

                  幸先の良い景色♪
                  心穏やかに、人にも私にも優しく在れる一年を過ごせますように。




                  さてさて、2016年モノヅクリ第1弾。



                  ガーゼの刺繍ハンカチです。


                  高校時代の友人のお子さんで、小2の女の子がいます。

                  ホント可愛くてオシャレさんで、モノヅクリが大好きな女の子。

                  帰省の時にお土産をと、何か手作りしていくと、すごくすごく喜んでくれるので、ついつい張り切っていろいろと作ってしまいます。

                  以前、小学校入学祝いに、オーブン陶土でかわいいうさぎさんブローチを作ってプレゼントしたところ、「marthaちゃんはお母さんのお友達かもしれないけど、私の親友だから!」と親友認定をいただきました。

                  まさか、この歳になって新しく「親友」ができるとは。
                  ありがたい限りです。

                  で、この年末。
                  インスタグラムで、その友人からコメントが付いており、見に行ったら、娘ちゃんが鉛筆だけで書いたという素敵なイラストが3点。
                  ここに載せられないのが残念ですが、折り紙の裏に書いたのかな?という、正方形の、幾何学模様と花模様が組み合わさった、まるでテキスタイルのような素敵なイラスト。

                  marthaちゃんに見てほしい、って娘が言ってるよ。とのことで。

                  私のモノヅクリスイッチ、連打です。

                  そのまま、買い置きの白のダブルガーゼを引っ張り出して、イラスト3点のうち、1番好きだなぁと思ったものをざくざく写して、早速刺繍を始めました。

                  翌々日には実家に帰省だったのですが、サンダーバードに材料持ち込み、黙々と刺繍。
                  いつもは長〜く感じられる3時間の乗車、あっと言う間でした。
                  楽しかった〜♪

                  実家でも、母がおせち作ってる傍で延々と刺繍を。
                  (おせち全然手伝ってない…煮物の火の番とスモークサーモンの収穫くらい(ーー;))

                  フリーハンドの不揃いなお花が、とにかく可愛かったので、なるべくイラストのままの元気な自由な感じを残して刺繍。

                  真ん中の、蜘蛛の巣のような万華鏡のような模様は、細いステッチで。
                  淡い色を虹のようにグラデーションにして。

                  外の枠ははっきりした色合いにして、メリハリを付けてみました。
                  こっそりネーム入り。これは私のオリジナルで。

                  1箇所だけちょこっとビーズも入れてみました。
                  ハンカチだからね、ビーズ入れると可愛いけど使いにくくなるし、洗濯にも弱くなるので、角にちょっとだけ。

                  もう一枚、同じサイズに切ったダブルガーゼを中表に縫って、ひっくり返してから端ミシンでステッチかけて出来上がり。

                  ガーゼなので、吸水性も良いし、ザブザブ洗えるし。
                  細かめのステッチを選んで、使ってて刺繍糸が引っかからないようにと、気をつけたので、実用性もまぁ高いと思います。

                  元々のイラストは、もっともっと伸びやかで、外へ外へどこまでも広がっていくような絵でしたが、やっぱりこちらは大人で、どうしても、綺麗にまとまった雰囲気で作ってしまって…そこが残念。

                  それでもまぁ、ほぼ再現できたと思います。

                  これは「作ってあげた」というよりも、「コラボさせてもらった」って感じ。勝手に。

                  ホント楽しくて、絵を見てから5日ほどで出来上がってしまいました。

                  サプライズで渡したくて内緒で作って(なのでインスタではまだアップしてません。こっちは多分見てないから大丈夫)、でも年末年始、お互いに忙しくて予定が合わず、まだ渡せていませんが、大阪に戻るまでになんとか渡せたらいいなぁ。

                  というか、本当は私がコレ欲しいんですが。…我慢。

                  イロイロハンドメイド | comments(0) | - | - | -
                  entry_bottom
                  刺繍三昧
                  0
                    超絶スランプの日々でしたが、刺繍は意外とできてました。

                    元気だと無地の生地に下書き無しでできちゃうのですが、そんなにエネルギーがなく、思いついたのは、もともと模様のある生地の柄に沿って刺繍すること。

                    あらかじめ模様があると、色や線のガイドがあるので、かなり気楽に刺繍ができます。

                    最初は着物仲間さんへの誕生日プレゼントに刺繍の半襟を作りたかったんだけど、なかなか思いつかないし取り掛かれない…間に合わない!と。
                    ふと雑貨屋さんで手ぬぐいを眺めててこれだ!と思いつきました。

                    手ぬぐいは、長さが半襟と同じなので、三つ折りにするとそのまま使えます。
                    木綿なのでザブザブ洗えるし、普段着物だったらすごく便利。

                    今回は縦半分に切って、周りをまつり縫いしました。



                    星燈社の手ぬぐいで、2種類。

                    紺色のは、襟元の花柄部分だけに刺繍を。
                    花芯の黄色い部分はビーズ縫い付けてます。
                    1箇所だけピンク色にして、葉っぱだけ自分で柄を足しました。

                    木綿地だし、普段着物用なので、全部刺繍しちゃうと重たくなります。
                    もともとの柄の雰囲気も残したかったので、襟元だけポイント的に。

                    水玉のも、襟元だけ刺繍を。
                    もともとは緑・薄緑・薄紫の3色でしたが、各色トーンが微妙に違う2色ずつ使って全部で6色。
                    色のついた水玉だけ拾ってたら、なんだかバラバラな印象だったので、地の白色の部分にも、白で水玉模様の刺繍を足しています。

                    プレゼントした友だち、一瞬、ただ周りを縫った半襟だと思ったらしく、「marthaさんの作った物にしてはシンプルで捻りがない?あれ?」となったそうで。
                    あとから刺繍に気づいて、思わず前のめりになったそうです。
                    サプライズ〜(^_^)v

                    淡い色のはんなり着物コーデが多い子なので、はんなり系の水玉と差し色の紺色をセットにしました。




                    こちらは、別の友だちへのクリスマスプレゼント。

                    にじゆらの注染手ぬぐいを使っています。
                    淡いブルーグレーに白で菱形のレース模様、それぞれ中に花柄が入ってて、ふわっと淡い珊瑚色で色が入っています。

                    こちらも襟元に来る1モチーフだけ刺繍しましたが、注染の滲んだ感じを大切にしたかったので、いろんなトーンの糸を混ぜながら刺繍して、ビーズとスパンコールを付けてみました。

                    こちらのお友達は可愛らしい系のコーデなので、その雰囲気に合わせて。




                    自分用に2時間くらいで刺繍した半襟。
                    白地のダブルガーゼに手書き風のパール色のドット柄。
                    10年ほど前に多めに買ったもので、多分カーテンとか作ろうとしたんだと思いますが、ほとんど使わずほったらかしにしてたもの。
                    この前出てきて、枕カバー作りましたが、まだまだ余っているので半襟に。

                    白系のビーズ2種使って襟元だけビーズ刺繍を。
                    私は着物のチョイスが割とビビッドで。
                    柄on柄も平気なので(これは洋服でもそう)、半襟は大人しめの方が好きです。
                    でも真っ白ってのもつまらないので、ほんのひとひねり入れるのが好き。
                    ぱっと見分からないけど、あれ?っていう。



                    これは昨日、勢いで刺繍したもの。
                    淡い水玉に白梅柄のポリエステルです。

                    この前行った四天王寺骨董市の、蝶々の着物と名古屋帯を買ったお店で。
                    このお店可愛い!とキャーキャー言ってたら、お店のおじさんが、エエ子やなぁエエ娘さんやなぁとニコニコしはって、店先の売り物の半襟をごっそり持ってきて「どれが好き?」と。
                    これが好き!と迷わず選んだら、あげる、とプレゼントしてくださいました。
                    おじさんの手作りだそうです。

                    そのままでも可愛かったけど、せっかくいただいたので、もっと可愛くしたい!と襟元だけ、白糸で刺繍を。
                    花芯は赤いビーズと朱色のビーズ2種類を付けてます。

                    いつか、こんな風になりました、と見せに行きたい。

                    柄のある布に刺繍、なかなか気楽に楽しめます。
                    よく、刺繍教えて欲しいけど絵が描けなくて、と言われます。
                    これだったら、自分の好きな柄の布を選んで、模様に沿って刺繍できるから、下絵書かなくて良いし、誰でも気軽に楽しめそう。

                    大人の塗り絵が流行るのって、こんな気持ちなのかな?と思ったりしてます。
                    イロイロハンドメイド | comments(0) | - | - | -
                    entry_bottom
                    キモノ着物きもの
                    0
                      この秋冬、結構キモノ生活をしてます。

                      もともと6年ほど前に着るようになったけど、諸事情で自分で着付けるまでは行かずに1年休み→小紋とお太鼓で自分で着付けて歌舞伎とかお三味線聞きに行くとか、ちょい敷居高めの集まりに参加→もーちょい気軽に楽しみたいなぁと思いつつ、機会がなくて2年休み。
                      で、ここ2年、夏以外は着て遊びに行く、というサイクルに落ち着きつつあります。

                      きちんと着るのも好きだけど、そればかりだとしんどくなっちゃう。
                      今のキモノ仲間さんたちは皆、TPOを踏まえつつ、着崩したりアレンジしたり、自分なりのスタイルを楽しんでいる人たちなので、気楽で楽しい^ ^



                      キモノ仲間さんたちと下鴨神社に行ってきた際のコーデ。

                      紺地にオレンジと黄色で絞りの水玉模様入り。
                      ぽっくりっぽいウェッジソールパンプス(踵が木製でドングリの彫刻が入ってます)と、モン族のショールを合わせてみました。


                      この前、お友達に誘われて行ってきた、空堀「惣」の kimono bar musee 。


                      辛子色メインのマルチストライプの着物をややヤンチャ風にコーデしてみました。

                      お店はもともとアンティークショップだったそうで、西洋アンティークと和のアンティークが絶妙に混ざり合った素敵な空間。
                      ゴハンもお酒もリーズナブルで美味しいし、お店の方たちも気さくで楽しくて、あっと言う間に大好きな空間になりました。


                      こちらは11月の四天王寺骨董市のコーデ。

                      春の中之島きものいちで買った茄子紺の竹の柄の着物。
                      季節的にはちょい外してますが、まぁストライプということで。
                      羽織は、10月の北野天満宮骨董市で買った、黒地に花柄の。
                      半分だけ映っているミニバッグは、誕生日に買ったものですが、プレザンという少数民族の古布をリメイクしているブランドのモノ。
                      モン族の子ども用帽子、ミャオ族の古布の持ち手、フランスアンティークレースのカバー、ドツボです。
                      これ持ちたいためのコーデです。
                      バッグがオレンジなので、引き立たせるために着物類は紫と黒にしてみました。
                      帯締めは、フランスヴィンテージのブルーのベルトです。
                      急いでる時はコレ。楽チン。


                      12月の中之島きものいちと、中崎町のリラセイズのクリスマス蚤の市をハシゴした時のコーデ。

                      四天王寺骨董市で、お気に入りの着物屋さんで買った紬に、黒地の羽織を合わせました。
                      紬は、白地に宝尽くしの柄なのです。
                      宝尽くし、大体が黒地や淡い色に刺繍や染め、格の高いものが多く、そしてあまり…可愛くないというか。
                      紬で織り模様で宝尽くしって珍しいと思います。

                      このコーデは、ちょい上品、を目指したのですが、なんだか評判良くて。
                      「戦闘してないっぽくて似合ってる」って言われたよ…確かにいつもは洋服も和服も何かと戦ってるっぽいもんな。

                      羽織紐は、アンティークのシャンデリアパーツをつないで作りました。
                      帯留めは、スティーブンデュエックのノベルティのスカーフクリップです。


                      今着たいのはこのへん。



                      四天王寺骨董市で見つけた銘仙。
                      赤白ギンガムチェックに雪の結晶のような花柄模様。一目惚れでした。
                      八掛が明るいグリーンで。
                      これはクリスマスに着るしかない!と買いましたが、丈がかなり短くておはしょり出ないのと、袂がかなり長くて、手持ちの長襦袢が合わず、着る機会を逃しております…。



                      12月の四天王寺骨董市で買った、ピンクの梅柄紬。
                      雨の中を行ったら、雨の日価格で1000円で買えました!
                      ピンクは、赤とオレンジと並んで似合う色で、洋服ではたまに着るんだけど、和服は面積大きいし、まぁもうイイ歳なので手を出さないようにしてたのですが…これは間違いなく似合うやつや!と買っちゃいました。



                      これは名古屋帯。
                      四天王寺骨董市で、ふと入ったお店で見つけて一目惚れ!
                      名古屋帯は最近は締めないんだけど…と見てたら、500円!とのことだったので、お太鼓もう一回練習する!と買っちゃいました。
                      ちょい汚れありますが、クリーニング出してもお釣り来る!

                      完全自己流なので、着付けが上手くいかずにもどかしいことも多いですが、続けて着てるとだんだん上手に着れるようになってきて。
                      最近は、きちんと衣紋も抜けるようになってきて、着ていて楽しいです。
                      カワイイモノタチ | comments(0) | - | - | -
                      entry_bottom
                      真珠の標本
                      0
                        昨日は四天王寺の骨董市に行ってきました。
                        あいにくの雨でしたが、じっくりゆっくり、店仕舞いの3時まで粘って、掘り出し物にたくさん出会えた1日でした。

                        今回の1番のヒットはこちら。



                        真珠の標本です。
                        真珠貝の成長過程を表したものだそうですが、周りにカラス貝や巻貝で作られた植物のような飾りもつけられてて、ボタニカル風。



                        真珠も3粒入ってます。
                        ホンモノかな?
                        ガラスを割るか裏の鋲を全部外さないと取り出せないので、確認は出来ませんが、半円形のマベパールのような感じもします。

                        最近よく行っていて、顔を覚えられつつある、和洋折衷のヴィンテージ屋さんで見つけました。
                        お店のお姉さん、おっとり優しい雰囲気で、好きなものを厳選して置いているのが、お話してるとよくわかって、お気に入りのお店です。

                        うわぁ高そう…と思いつつ、恐る恐るお値段聞いたら、3000円でいいですよ、と。
                        えええー?買う買う!と即決でした。

                        ライトの下だと、真珠貝がキラッキラして、ホント綺麗。
                        リビングの壁に飾ろうと思います。
                        素敵なものに出会えた。嬉しいなぁ。

                        カワイイモノタチ | comments(0) | - | - | -
                        entry_bottom
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << August 2017 >>
                        PR
                        recent_entry
                        archives
                        RECENT COMMENT
                        RECENT TRACKBACK
                        RECOMMEND
                        LINK
                        PROFILE
                        MOBILE
                        qrcode
                        search